2011年01月24日

海外映画際で受賞Received Movie Awards

映画『アニメファントム」が海外4つの映画際で受賞しました。
The movie "Anime Fan Tom" received four movie awards.
4賞.jpg
posted by Mari Yama at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 賞 Awards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

Movie: Anime Fan Tom    映画「アニメファン トム」

AnimeFanPoster.jpg

“Anime Fan Tom" is a feature film about an American geek
graphic designer coming to Tokyo Japan; The film takes audience
to his life in Japan- his encounter with a figure-
like pretty Japanese girl, adventures and his
pursuit of his career as an anime creator.
http://www.imdb.com/title/tt1730183/
http://www.youtube.com/watch?v=z32n6KeAR-Y
You can see the TRAILER (予告編)there.
映画「アニメファン トム」はアメリカから日本にやってきた
アニメおたくのグラフィックデザイナーの青年の物語です。
彼の日本での生活;アニメフィギュアのようなかわい日本人
の女の子との出会いと恋愛、冒険とアニメクリエーターとしての
キャリアの追及の物語。
公開した記事のURL:
アメブログ:http://ameblo.jp/animefantom-movie/entry-10698693493.html
http://animefantom.seesaa.net/
This movie was filmed in 5 days in Tokyo and 1 day in Los Angeles
in July and August, 2010, and edited in August and early September
and completed.
この映画はこの夏、7月と8月の5日間東京と8月の1日ロスアンジェルス
で撮影され、8月から9月にかけ編集され完成しました。
アメリカの3つの映画際で受賞しました。
Los Angeles Movie Awards, Los Angeles Cinema Festival, The Indie Fest

Original story, screen play by Mari Yamaoka
Produced and directed by Mari Yamaoka
Produced by Intercultural Link, Co.
Starring: Jeremy Eaton, Hikaru Ohsawa, Yu Miura
原作、脚本:山岡万悧
製作、監督:山岡万悧
製作:インターカルチャラル リンク 
出演:ジャーミー・イートン、大沢ひかる、三浦悠 他
posted by Mari Yama at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 Movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

AnimeFanTom完成

メイドビラ.jpgYodobashiCamera.jpg

「アニメファン トム」の映画が完成しました。
出演者50名20の場所でロケしたインディー映画で、
アクション、ファンタジーとロマンス、コミカルな要素の
ある娯楽映画です。言語は主に英語ですが、
ロケが主に日本なので日本語のシーンもあり
英語力がなくても台詞がわかるでしょう。
また来日する外国人へ役立つ情報もはいった教育的な
要素もあります。
The feature film, "Anime Fan Tom" is completed.
It is an English language indie movie mostly
filmed in Tokyo, Japan and a few scenes in
Santa Monica, and West Hollywood, in Los Angeles.
Dialogues are mostly in English and some in Japanese
and also a few lines of French and Chinese.
It has elements of action, fantasie, romance and
comedy. It is also educational as it provide practical
information for sightseeing and living in Japan.
posted by Mari Yama at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 Movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする